修飾された就職

  • 2009.03.05 Thursday
  • 01:52

 このブログとしては異常に早い更新である。雪も降るわけだ。さて、いよいよ年度末。何だか分からないが忙しくなる時期である。

 さて我が研究室の葉名真樹子ことハナマキは、今日は今年4月からの就職先を決めるべく、面接に出かけている。実は彼女はようやくこの3月で博士号をとれることになった。そして、取得後は基本的には一般企業への就職を希望しており、今日はその第1希望の2回目の面接らしい。

 大学の3年生がやる、通常の就職活動では普通4月からの採用者に対してこの時期には面接などないが(とっくに決まっている)、博士持ち(またはハナマキのような取得予定者)にとっては企業の面接はいつあるか分からない場合が多い。そもそも博士号を持っている人間の企業側の需要は少なく、「景気が良くて欠員が出れば…」という程度だからだ。

 つまり面接まで行ければ良い方で、一般企業への就職を希望していてもなかなかそこまでさえいかない博士持ちが多い。少なくとも理学系では、一般企業は狭き門なのである。ただ、だからと言ってすぐに「博士号を持っている人間をもっと企業は(特に大企業は)とるべきだ」と声高に無責任な発言をする諸先生方には賛成しかねる。給料が高くなる、専門性が高すぎて教育しづらい、研究にこだわる…などなど、企業が博士を敬遠する理由は諸説あげられているが、要は単純に大学が企業のニーズに合う博士を輩出していないということであろう。もし、前述のような「企業はもっと博士をとれ」という主張をするのであれば、大学はもっと企業の即戦力となるような博士を世に送り出すように制度改革を進める必要がある。

が、そのような環境でなる「博士」というものが本当に「博士」いうことができるかは甚だ疑問ではある。そんな中、葉名真樹子が面接から帰ってきた。


ワタシ(以下、渓):あ、ハナマキ。面接はどうだった?

大学院生の葉名真樹子(以下、葉):首尾上々。

助教の八月春(以下、春):その割には服に血痕がついているのが、気になるんだけど。

葉:その血液は鼻血由来です。体調不良。

渓:鼻血が背中につくかしら?

葉:付着します。私の鼻血ではありませんので。

春:要するに、相手を殴り倒して、その追いすがる相手の鼻血がついた、とこういうわけね。血痕の量から察するに…5人くらい? まあ、確かに首尾上々ね。

渓:まあ、たぶん、そういう状況だとどう考えてもだめだろうとは思うけど…どんなこと聞かれたの、面接で?

葉:万一入社可能な場合、如何なる仕事を希望するかの質問を。

渓:何て答えたの?

葉:如何なる仕事も遂行する覚悟。

春:暗殺者みたいね

渓:血塗れのスーツを着ているとなおさらね。だから、なんで鼻血か何か知らないけど、そんなに大量の血痕が背中につくのよ。

葉:面接中に特技に関する質問を受理。可能ならば披露しろとの指示がありました。

春:要するに手品とかけん玉とかやってみせる、一芸入試みたいなものね。

葉:熟考の上、得意の空手の高速後ろ回し蹴りを披露したところ、足先に違和感が。求職服故に、動きが制限されていたことが原因かと。

渓:いや、原因はもっと根本にあるでしょ。

春:そうか、大変だったね。受かるといいわね

渓:面接官を蹴り倒して受かるのはマフィアの面接くらいだと思うんだけど。訴えられないだけでも、マシ。

葉:あ、着信有り。はい、はい、了解。先生、先ほどの面接、合格だそうです。来週役員面接とのこと。


マフィアの面接か。

なお、ハナマキが面接を受けているのは某出版社(と言ってもみなさんは知らないような、理化学書専門のところ)。理化学書専門の中では結構有名で、たまに博士号を持っている人をとるそうです。しかし、ハナマキをとろうかと検討しているとは、よほど景気がいいのでしょうね。あるいは本当に暗殺者を欲しているかのどちらかでしょう。

ランキングの方は、おかげさまで若干回復。地道に上位を目指します。とりあえず、今度の目標はWBCが終わる前に更新、としておきます。お時間のあるときにでもクリック投票を→

不敵な不況

  • 2009.02.28 Saturday
  • 01:53
 実に久しぶりの更新である。正直、ここ1年くらいはは更新する度にそう書いている気がするので、自分でも飽き飽きなのだが。たまには毎日更新してまるでブログのようだ、とか書いてみたいものである。まあ、次回の更新は半世紀後になるかもしれないが万一にも楽しみに読んでいる人がいたら、気長に待って頂きたい。

 さて、前の更新時は11月だったのに、気づけば年も明けてはや2ヵ月。世の中は急激に経済が悪くなってきている。研究の世界も決して経済に無縁ではない。研究費の多くは税金によって支えられているからである。世の中の景気が悪くなれば、研究も滞る。特に、応用性の低い、つまり役に立たない基礎研究はこういう時に研究費を獲得しにくくなる。まあ、普段からとりにくいのだが。

 ともかく、植物形態学という世の中でも1,2位を争うほど役に立たないことをやっている私たちとしても、何とかこの情勢に対応して行かなくてはいけない。まずは、当座の研究予算を確保する算段が必要である。


ワタシ(以下、渓):というわけで、何とか研究費を獲得する方法を考えないといけないわけ。

助教の八月春(以下、春):そうですねえ…銀行と郵便局、どっちがいいですか?

渓:貯金でもするの? 今は利子も悪いと思うけど。

春:いえ、強盗ですけど

渓:…。

大学院生の葉名真樹子(以下、葉名):暴力に訴えるのは研究を生業とする者として、如何かと。知力を駆使し、予算獲得を企図すべきです。

春:知力を駆使し、か。じゃあ振り込め詐欺

渓:…犯罪以外でお金を稼ぐ方法が思いつかないわけ?

春:先生、冗談ですよ、じょーだん。私が本気でそんなこと言うと思いますか?

渓:思う。それはもう心の底から

春:いやだなあ。ちゃんとですね、日夜科研費をどうやったらとれるか考えているんですよ。そして、思いつきましたよ。確実にとれる方法を。

渓:分かった。科研費をとった研究室から強奪する

春:何で分かったんですか?

葉:以心伝心

渓:まあ、そういう戯言は置いておくとして、この3月で私が民間からもらっていた研究助成も終わるし、本気で何か考えないとねえ。たとえばこの不景気を逆手にとって活用する方法とかないかしら。

春:逆にこの不景気を利用ですか…そうだ、だいぶん円が高くなりましたよね? これを利用するのはどうでしょう。

渓:この円高を利用して、海外への調査にでも行こうってこと?

春:いえ、もっと単純に物を買うんですよ。直輸入するんです。円が高くなり、ドルが安くなっている今、アメリカから直輸入すれば、これまで手の届かなかったモデルも買えますよ。ちょうど欲しいのがあったんですよね。研究費で買ってもいいですかね?

渓:何を?

春:バズーカです。手に入れたかったモデルがあるんですよね。ちょっと今持ってるのでは歯が立たなくて

渓:誰に?

春:はは、先生。そんな本当のことを言ったら買ってくれないでしょう?

渓:大丈夫、本当のことを言わなくても絶対買わないから。

葉:先生、私に未曾有の不景気を活用し金銭を獲得する秘策有り。

渓:…犯罪以外でお願いね。

葉:合法です。現在の不景気で株式運用は不調で金利も低調、即ち余剰資金の投資先が発見困難な状況です。この状況で、先生が専門性を活用した助言を与えて適正な投資先を伝授すれば良いかと。

渓:投資先を伝授? ワタシは株も為替も全然詳しくないわよ。どうやって助言するのよ。

葉:植物学の知識を駆使。即ち、北海道の林野を調査し、植物学的に価値の高く地価の低い土地を環境問題と無理矢理関連づけて将来値上確実と称して販売。仲介手数料を獲得。


えーと、それ、原野商法だね。

 久しぶりの更新です。冗談ではなく、本当にパスワードとIDを忘れていました。まあ、何度書いたか分かりませんが、次回は早めに更新します。とりあえずワールドカップの前には更新したいですね。

 ランキングの方は当然非常に下位に。まあ、更新はぼちぼちしていきますので、こちらもぼちぼちよろしくお願いします→

強力な協力者

  • 2008.11.25 Tuesday
  • 01:08

 さて、今回は予告通りTAについての話である。予告を書いてから、ゆうに1週間経っているが。前回の更新に2ヵ月以上かかったブログとしては、まさに未曾有の速さでの更新となる。

 「TA」と言ってもあまり一般の人にはなじみがないかもしれないTAというのは「ティーチング・アシスタント」の略で、要するに授業や実験実習で教員に協力し、教えることを補助する仕事である。授業よりも人手が必要な実験実習に配置されることが多く、大学院やポスドクが担当する。ポスドクが担当する場合には、既に博士号を取っている人間である訳なので、実質的に実習の一部分を取り仕切ることになることもある。大学院生の場合はそこまでは行かず、普通に教員の補助にとどまることが多いが、意欲的な学生の場合にはポスドク以上に積極的に教える立場にまわる者も少なくない。

 ある意味、教員になってからきちんと指導ができるようになるための訓練のようなものだが、ちゃんと給料が出る。時給は大体1000−1500円くらいの場合が多く、交通費がかからない(なにしろ大学内なので)ことを考えると、バイトとしてもそう悪くはない。

 今年は学内で大学院生向けの教育プロジェクトが立ち上がっており、その一環としてわが自然史研究学科へ大学院生TA用の予算が多めに配分されている。私が担当する1年生向けの基礎生物学実験では普段はTAを使うことはないのだが、この特別予算のために今年はTA配置できることになった。とりあえず、その辺で閑そうに実験をしていた葉名真樹子に声をかけてみる。


ワタシ(以下、渓):というわけで、TA費がある訳。だから、ハナマキ、あなたに1年生の学生実験のTAをやってもらおうかと思ってるのだけど…念のために聞くけど、TAって何か分かってるわよね?

大学院生の葉名真樹子(以下、葉):ティーチング・アタック

渓:攻撃してどうする。攻撃して。TAはティーチング・アシスタントの略。要するに、実験を受ける学生を補助する役目のことよ。しかし、これまでやらせたことなかったし…。いきなり、ハナマキにTAをさせるのは少々というか多大に不安ね。八月春、あなたはTAってやったことがある?

助教の八月春(以下、春):愚問ですよ、先生。やったことがあるもなにも。これでも昔はTAの鬼、と言われていましたよ。

渓:鬼のTAの間違いじゃないの?

春:とりあえず、ハナマキにTAの心得を教えればいいんですよね? ハナマキ、TAをやるにあたっては3つの大切な「き」があるのよ。

渓:なんだか、今売れている啓蒙本みたいになってきたわね。

春:学生を思いやる「もち」、先生への「づかい」、いざという時の「きんぞくばっと」

葉:了解

渓:ちょっと待て。最後のは何、最後のは? TAに金属バットなんかいるわけないでしょ。危険この上ない。

春:先生、何か誤解していませんか? 金属バットは学生と一緒に連帯感を作り上げ、親睦を深めるために使うんですよ。実験がおわった後とかにやるんです。

渓:…野球を一緒にやるってこと? 実験おわるとたいてい夜でしょう? 暗いわよ。私でさえ、暗いから最近は早めに帰るように心がけているんだから。

春:野球じゃないですよ、一緒にやるのは。

葉:会話を総合します。野球専用金属棒。漆黒の夜道。帰路を急ぐ渓中先生。なるほど

春:やだなあ、ハナマキ。もう少しオブラートに包んで言いなさいよ。暗いところで素振りしていると時々事故が起きますよね、とか。

渓:どこがオブラートなのよ。毒で毒を包んでどうする。もう少しまじめにアドバイスしなさいよ。

春:私は至ってまじめですが。まあ、いいですけど。もう少し具体的なアドバイスってことですよね? いい、ハナマキ、TAをやっているとこちらの話をなかなか聞いてくれない学生がいるのよ。ひどいのになると無視して勝手に実験を進めて失敗したりするわけ。そういうとき、あなたならどうやっていうことを聞かせる?

葉:腕力

渓:まあ、八月春のアドバイスだとそうなるわよね。

春:先生、私を誤解していませんか? 腕力なんかに訴えるわけがないじゃないですか。いつでも私は言葉の力でいうことを聞かせますよ。

葉:恫喝

渓:まあ、八月春のアドバイスだとそうなるわよね。

春:私はシチリアマフィアじゃないんですけど。そうではありません。きちんとやらないと自分が後で困るよ、と笑顔で説得しますよ。

渓:やっぱり恫喝じゃない。あなたの笑顔は凶器なんだから、そんなことしたら「まじめにやらないと五体満足で帰れないよ」と言っているみたいなもんでしょ。

春:いや、まじめに私は基礎学生実験は、多くのことを学ぶことが出来る大切な授業科目だと思ってるんですよ、先生。大体、昔、先生がポスドクだった時、基礎実験でTAとして私たちを指導してくれましたよね。あれは本当にためになりました。

渓:…珍しくまともなことを言うからには、絶対に裏があるわね。

葉:八月助教には表は存在しません。あるのは裏面のみ

春:人を悪の権化みたいに言うのはやめてくれる? 本当にためになったんですよ、先生がTAをやってくれた実験は。特に、生命の大切さを学びましたね。

渓:ふむん、そうだっけ? 15年近く前のことだし、TAやったこと自体よく覚えてないのよね、実際。確かに指導教員だった大田先生に頼まれた記憶はあるんだけど。生命の大切さってことは…カエルの解剖とかやったんだっけ?

春:いえ、違います。タマネギなどを使った植物の細胞分裂の観察でしたけど。

渓:それで生命の大切さ?

春:はい。うなるピンセット、乱れ飛ぶ塩酸、頭上を飛び交う顕微鏡。1人、また1人と同級生が倒れていき、実験が終わったときに五体満足で立っていられたのは私だけでした。あの時は自分の生命の大切さを心から実感しましたね。

葉:参考にします


するな。

 TAがきちんとしていると実験はとても楽になります。ほとんど任せられるような場合もありますし。逆に、TAがひどいと労力は倍。なぜお金を払って仕事を増やさなくてはいけないんだ、と言いたくなることもあります。これからTAをやる予定の皆さんは、ぜひ3つの「き」を守ってすばらしいTAに、ならないで下さい。

ランキングの方は、おかげさまで若干回復。しばらく更新しなかった間に微妙に勢力図が変わっているような。特に、2位あたりのブログが神新系のにおいがします。私もいろんな意味で傷だらけですが、読んでも何も変わっていないような…ひょっとして、どこか見えないところが変化しているのでしょうか。つむじの向きとか。というわけで、当面は打倒幸せ傷を目標に頑張りたいと思います。よろしく。お時間のあるときにでもクリック投票を→

実験的な事件4

  • 2008.11.16 Sunday
  • 01:56

 さて、お盆休み中に終えるはずだったよく分からない企画もようやく最終回。気づけばもう11月も半ばというていたらくに、自分でも愕然としているところである。とりあえず、次回からはブログへのログインパスワードを忘れる前に更新する予定である。


助教の八月春(以下、春):分かりましたよ、犯人。

ワタシ(以下、渓):ようやく自白する気になった訳ね。ついでに29年前の惨劇についても告白したら?

春:そのとき3歳なんですけど、私。あと、今回の事件も私は犯人ではありません。加藤君、あなたが犯人ね

卒研生の加藤勝一(以下、加):…あ、僕に言ってるんですか。あまりにも無視され続けているので、寝てました。

渓:ちょっと待ちなさいよ。この部屋は密室なんでしょ? 何で加藤君がいるのよ。大体、犯人はこの3人のうちにいるって言ってなかった?

春:確かに密室ですし、ここにいる3人のうちの誰かが犯人とも言いましたが、それは私以外の3人という意味です。大体部屋の中に3人しかいない、とは言っていませんよ。

渓:一昔前の講談社ノベルス並に強引ね。

春:そもそもですね、今までの3話には不自然な点があると思いませんか?

渓:全部不自然なんだけど。

春:そういう実験的な事件・2の途中を見て下さい。「春:堀君の手、ですか…? うつぶせなっててちょっと見にくいですね。ちょっと仰向けにしてくれる?」「渓:あ、ありがとう。ほら、こうしてみるとはっきりとメッセージがわかるでしょう。」という部分がありますよね。この仰向けにした人物は誰でしょう?

渓:ハナマキ…だとすると隣の部屋に行っているはずだから、おかしいわね。ワタシでも八月春でもないし…なるほど、これが加藤君だったわけね。

春:はい、私たちは見てはいたんですけど、影が薄すぎて気づかなかったんです。要するに。

渓:ふむん、なるほどねえ…確かこういうのを何とかトリックって言うのよね? じょ…、いやじゅ…? なんだっけ?

大学院生の葉名真樹子(以下、葉):呪術トリック。

春:それを言うなら叙述トリックよ、ハナマキ。まあ、こんなに更新が遅れたことを見てもある意味呪われたオチだった気がするけど。

渓:で、結局真相はどういうことだったの?

加:えーとですね、僕と堀さんで先生の机の上の棚に置かれていた標本押し石をおろそうとしていて、うっかり僕が手を滑らせてしまいまして、堀さんに直撃。こりゃいかん、救急車を呼ぼうと思ったらこういう状況になった次第でして。

渓:さっさと名乗り出なさいよ。

加:いやあ、先生方の会話に不用意にわって入ったら。救急車で運ばれる人間が1人増えることになるかな、と思いまして。

春:ま、とりあえずこれで解決ですね。

渓:で、堀君はどうしようか。病院に連れて行く?

葉:自然治癒。


無理だと思うよ、額割れているし。

 これでこのシリーズ(?)もようやく完結です。次回はTAのことについて書きたいと思っています。トーキョーアメリカ村の略、ではありません。



ランキングの方は、当たり前ですがものすごく低下しています。ぼちぼち回復基調に乗せていきたいと思っていますので、ぼちぼちよろしくお願いします。お時間のあるときにでもクリック投票を→


実験的な事件3

  • 2008.09.04 Thursday
  • 09:01

連続更新して安心した訳ではないが、いつの間にかまた1週間も間が空いてしまっていた。時が経つのは早いものである。

 なんと言っても続き物なので、早めに更新しなくてはいけない。ちなみに、次回でこの試みは終了である。


助教の八月春(以下、春):犯人指摘可能ねえ…で、誰が犯人なの?

大学院生の葉名真樹子(以下、葉):渓中先生です。

春:確かに渓中先生は存在が犯罪だとは思うけど、証拠がないとねえ。

渓:ちょっと待て。存在が犯罪って、何?

春:何だ、聞こえましたか。えーとですね、それはあれですよ、先生。よく褒め言葉として言うじゃないですか、「あなたも罪な人ですね」って。それとほぼ同じ意味です

渓:いや、絶対に違うと思うんだけど。

春:いやいや、先生ほど魅力的な人ですと知らないうちに人を傷つけることもあるということですよ。

葉:要約すると人間凶器

春:ま、そうとも言うわね

渓:人間凶器は、あなたでしょ。素手でツキノワグマと戦ったことがあるくせに。

春:先生、誤解を招くようなことは言わないで下さい。それは事実ではありません。ツキノワグマじゃなくてヒグマですから。

渓:…まあ、どっちでもいいんだけど。それで? 何でワタシが犯人なわけ、ハナマキ?

葉:床面を凝視下さい。標本押し用の重量約十貫(=37.5kg)の石に血痕が付着しています。そして、堀助教の頭部に石と同形の傷が。これが致命傷と推察されます。

春:だから、まだ死んでないんだってば。おそらく

渓:そんなことくらい見れば分かるでしょ。だから、それで何でワタシが犯人になるわけ?

葉:傷を凝視下さい。人体の急所である脳天付近を外れ、骨の肥厚した前頭部に傷が存在します。要約すると、犯人の殴打は不首尾に終了したと推察されます。

春:要するに犯人はしくじったということね。惜しい

渓:…なぜ犯人は八月春を狙わなかったのかしら。この研究室内ならば治外法権で無罪になったのに。で、それで?

葉:十貫の石です。十貫というのは、常人ならば男性二名の腕力を以て漸く頭上に掲揚可能な程度の重量と推測されます。しかし、犯人候補は女性三名。

渓:じゃあ、犯人は八月春でしょ。この女なら、この石くらい片手で振り回せるわよ。

葉:確かに八月助教の人類から相当逸脱した怪力を駆使すれば、容易に殴打可能です。然し、容易だけに急所を逸打する可能性は低い。

春:要するに私が犯人だとすると、外すはずがないと。まあ、確かにリビアではそうだったけど

渓:傭兵時代の話はいいから、本題に戻すわよ。つまり、八月春が犯人ならば脳天を直撃している、と。

葉:加えて、私は通常人類女性の範疇の腕力しか有しないため、当該の石を頭上に掲揚することは不可能です。然し、通常人類から若干逸脱した怪力の渓中先生でしたら、頭上に掲揚する段階までは可能と推測されます。掲揚は可能でも、照準は不正確だった。これらの推論を総合し、渓中先生を犯人と断定しました。

渓:なるほど…でも、その考えには大きな穴があるわね。

春:自分の怪力はそんなものではない、ということですか?

渓:違う。実はね、今肩を痛めていてこの通り、胸より上に上がらないのよ。

葉:四十肩

渓:違う。交通事故よ、交通事故。自転車に乗っていたら急に猫が飛び出してきて、よけようとして転んで痛めたの。

春:先生にそんな人間らしい心が…そういう場合、先生ならツタンカーメンのような笑みを浮かべてそのまま轢くのかと思いました。植物以外に用はない、とか叫びながら。

渓:その都市伝説みたいな妄想はやめてくれる? とにかく、そういうわけでワタシはこの石を持ち上げて堀君を殴るのは、今日不可能。つまり、犯人じゃないわね。

葉:成る程。事件は振り出しですね。

春:いや、そうでもないわよ、ハナマキ。今までの話で、というか最初から、犯人はあきらかだわ。


次回簡潔に完結し、誰も興味のない犯人が明らかに。

 お盆休み中に閑だから完成させてしまおうと思ったのですが、いつの間にか9月に。どうしようもないペースですね。ちなみに、もう堀君は退院していつも通り元気なくやっています。

ランキングもぼちぼちよろしくお願いします。お時間のあるときにでもクリック投票を→


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ終了のお知らせ
    渓中貴美 (10/16)
  • ブログ終了のお知らせ
    ぽぽち (10/02)
  • 今思うこと
    ポリ (04/19)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (07/01)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    アマサイ (06/25)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    美醜の基準 (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/22)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/22)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM