恭順な教授会

  • 2008.06.13 Friday
  • 00:27

 教授会に出たくない。ワタシは一応教授会のメンバーになっているので、月に1回は学部の教授会にでなくてはいけないのだが、これが非常に面倒くさい。そもそも国立大学法人になってからの教授会は(まあ、昔の教授会のことは話に聞くだけだが)重要なことはほとんど審議しないといっても過言ではない。。大半の重要な事項は各種委員会によって決定されていて、教授会では報告だけである。

 せいぜい重要なのは人事関係くらいで、例えば新任の助教、講師、准教授、教授の採用や昇任に関しては教授会で最終的な採決を取り、承認されなければならない。しかし、これも事前に採用予定の各分野の人事委員会で審議され、推薦されてくる人物の信任投票を行うだけで、よほど問題がない限りは承認される。

 報告事項などについて、もちろん意見を言うことはできるが、言うだけであまり反映されているようにも思えない。だいたいいつも発言するのは一部の年配の教授と決まっており、若手の教授や准教授はあまり話さないのが普通だ(例外もあるが)。ということで、行ってもただただ人の話を聞くだけで、きわめて退屈なので行きたくないのである。しかし、一応出席は義務と言うことになっている。もっとも、何か理由(その他の会議、公務出張、病気・怪我など)があればでなくても良いのだが。


助教の八月春(以下、春):怪我でよければ理由をつくって差し上げますが。

ワタシ(以下、渓):圃場の草を刈る大鎌を持ってそういうことをいうのはやめてもらえるかしら。怪我ですまなそうだし。

春:いいじゃないですか、万一殉職しても教授会に出なくてすみますよ。

渓:殉職じゃなくてただの殺人でしょう、それは。

大学院生の葉名真紀子(以下、葉):では、疾病に起因する欠席は如何ですか。

渓:…で、その手に持っているビーカーに入った粘度の高そうな謎の紫色の液体は、何?

葉:企業秘密

渓:ハナマキは裏で本当にそういう会社をやっていそうだから怖いわよね。

春:まあ、学生が起業する大学ベンチャーも奨励されていますから、それもいいんじゃないですか。

渓:そういうベンチャーは奨励されていないと思うわよ、絶対。それにしても出たくないなあ、教授会。八月春、代わりにでてくれない?

春:つまりなべやかんですか?

渓:…は?

春:いえ、通じなければ結構です。しかし、いくら何でも先生の代役というのは荷が重すぎます

渓:そう? 大丈夫でしょ。

春:いえ、まずは悪魔に魂を売らないといけませんからね。大変です。

渓:あら、あなたならとっくに売ってるかと思ってたけど。というか、買う側でしょ。まあ、そういう戯れ言は置いておくとして、何とか出なくてすむ方法はないかしら。

葉:先生、発想の転換が必要です。教授会を享受するよう自助努力を実行すれば、自然と出席の意志が創出されます。

渓:教授会を享受って…まあ、ダジャレの部分は深く追求しないとして、要するに教授会を楽しめってこと? 無理よ、あんなつまんないもの。

春:先生ならできますよ。だって、先生の専門の植物形態学も一般人から見れば教授会以上につまらないと思いますよ。そんな学問をこうやって仕事にできるんですから、大丈夫。

渓:…まあ、それは否定しないけど、しかし、それとこれとは話が別でしょ。例えて言うなら、そうねえ、C県の誇る某プロ野球チーム・ロッテの試合を楽しむ変わり者は希にいても、コミッショナー会議を楽しむ人はいないでしょう。

春:そんなことを言ってるとロッテファンの怒りを買って、明日は幕張の海に浮かびかねませんよ。

渓:そういうことをするファンはあなただけだから。でも、まあ、わかる例えだと思わない?

葉:そうした懸念は受動的に教授会に参加することに起因すると考えられます。従来以上の積極的参加姿勢で臨めば、享受間違いなし。

渓:積極的ねえ。もっと発言しろってこと? 別にそうやってもあんまり楽しくはないと思うんだけど。

春:つまらない発言をした教授を殴っちゃうと言うのはどうですか。先生はすっきりするし、結果的に先生もいなくなって私達もすっきり。まさに一石二鳥。

渓:ついでにつまらないことしか言わない助教も道連れにするけどね、その場合。で、ハナマキはもうちょっとましな考えがあるわけ?

葉:秘策が存在します。

渓:…その策は秘めたままにしておいた方が良さそうな気がひしひしとするけど、万が一ということもあるから聞いておこうかしら。どういうアイデアなの?

葉:露西亜的回転板です。

渓:…なにそれ?

春:ロシアンルーレットのことじゃないですかね、たぶん。なるほど、教授会でロシアンルーレットをやって毎回1人ずつ減らしていけば、みんなはらはらどきどき楽しめるし最終的には1人だけになって会議もしなくてすむから一石二鳥ってことね。

渓:何度も言うようだけど、日本には銃刀法違反という法律があるんだけど。

葉:私の提案する露西亜的回転板は銃は不使用です。

春:銃じゃない? じゃあ、バルカン砲ね? あれも回転式だし。

渓:ちょっとあなたは黙ってなさいよ。で、具体的に何をするわけハナマキ?

葉:はい。伝聞によると、教授会では緑茶が提供されるとか。

渓:うん、まあ、出るわね、お茶が。

葉:その緑茶を露西亜紅茶に変更します。

渓:ああジャムの入ったロシアンティーのことね。…何かオチが読めてきたな。

葉:一人分だけ液体果実砂糖漬けの代用としてこの紫色の液体を入れて特製紅茶の杯を用意し、他の通常露西亜紅茶の杯と一緒に提供します。誰が特製露西亜紅茶を飲用するか否かで、会議が娯楽の場に。結果は銃を使用した場合と同様、一瞬で判明しますので、即座に楽しめます。

春:確かにロシアンルーレットね、それ。


しかし楽しいかな、それ。

 と、このブログを書いていたら某大学でまたもやお茶にアジ化ナトリウム混入の事件が。そんな時に不謹慎だ、と怒られるかもしれませんが、まあ、怒られることには慣れているのでそのまま更新します。それに紫色の液体が毒とはどこにも書いてありませんし。ワタシは絶対飲みませんけど

 ランキングは他力本願式に2位まで浮上。できるだけ多くの更新を目指しますので、よろしければクリック投票を→

コメント
なべやかんが通じないのであれば、

「つまり、長浜ラーメンですか」

ならば、どうでしょうか? <ちょっと無理か?


ちなみに、9年前の理○・アジ化ナトリウム茶混入事件では、えらい目に遭いました(飲んではいませんが)。
>「つまり、長浜ラーメンですか」
 いったい、何のことかしばらく(というか半日)分かりませんでした。で、近所の長浜ラーメン屋に行ってみました。

…なるほど。脱力しましたが、理解はできました。まあ、「なべやかん」よりはずっとわかりやすいと思います。

>ちなみに、9年前の理○・アジ化ナトリウム茶混入事件では、えらい目に遭いました(飲んではいませんが)。

あれはエライ目に遭った人が多い事件ですね。困ったものです。
  • タニナカキミ
  • 2008/06/13 10:29 PM
アジ化ナトリウム。
毒物になってくれたおかげで,金庫行き。それはまあいいとして,使用した量,残量をいちいち記録して上司の承認をうけなければならないです。
しかし,500g瓶のアジ化ナトリウム,1回あたり数mgしか使わないんですけど,無くなるまでこの金庫に何年存在し続けるんだろう....
  • すた
  • 2008/06/14 12:09 AM
アジ化ナトリウムの未来は暗いですよね。

それにしても古くなった試薬類はワタシのところでも悩みの種です。たぶん(というか確実に)消費期限みたいなものはあると思うのですが、元が高いだけになかなか捨てられず。今手元にある一番古い試薬は1950年もの。ワインか。
  • タニナカキミ
  • 2008/06/30 9:41 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ終了のお知らせ
    渓中貴美 (10/16)
  • ブログ終了のお知らせ
    ぽぽち (10/02)
  • 今思うこと
    ポリ (04/19)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (07/01)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    アマサイ (06/25)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    美醜の基準 (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/22)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/22)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM