壮大な相談

  • 2008.06.07 Saturday
  • 12:00

 最近、何人かの同業者と話していると「学生が研究室に来なくなった」という愚痴をよくこぼされるようになった。聞くと「ちょっと厳しいことを言ったら来なくなった」「実験がうまくいかないのでモチベーションが下がって、結局来なくなった」など理由は様々だが、教員側の立場からすると「最近の学生は忍耐力がない」ということらしい。

しかし、ワタシはこういう考え方には反対である。ポスドク1万人化計画のために大学院生の数が膨れあがり、その一方で大学や研究所のポストは増えるどころが削減される一方。そんな将来がはっきりしない状況で、学生が純粋な気持ちで研究に取り組むのは難しい。ところが、教員側は昔と変わらず「いい研究さえすれば、何とかなる」というスタンスの人間が大半だ。

もう少し教員も現状を理解し、様々な角度から研究指導をおこなうことが必要なのではないだろうか。そうすれば、もう少し登校拒否になる学生も減ると思うのだが。


助教の八月春(以下、春):うちの研究室は来なくなった学生は今のところいませんが、絶対に教員の指導がいいからではない気がしますね。

ワタシ(以下、渓):…まあ、別にワタシ自身、指導が行き届いているとは思わないけどね。でも、じゃあ、何で来なくなる学生がいないのかしらね。

大学院生の葉名真樹子(以下、葉):恐怖政治

春:私もそう思います。うちの研究室の場合、来ないと家に火をつけられそうですからねえ。

渓:誰がつけるのよ、誰が。しかし、まあ、考えてみれば奇跡的よね。50キロの漬け物石を片手で持ち上げる目が笑っていない性格破綻者の助教に、1回聞いただけでは理解できない言語を操る目どころか全く笑わない博士課程学生。そんな人間がいる研究室、ワタシが卒研や修士の学生だったら、絶対に関わり合いになりたくないもの。何で毎日ちゃんと来てるのかしら?

春:何かその疑問は教員として根本的にどこか間違っている気がしますが…。まあ、先生の場合、人間としても根本的に

渓:根本的に?

葉:

渓:…まあ、自分がいい人間だとは決して思ってないけどね。しかし、そこまで面と向かって言われるとかえって腹が立たないわね。

春:その割には手に金属バットを握りしめていらっしゃいますが…。

渓:まあ、ちょっと素振りをしようかと。しかし、何にせよきちんと来ているのはいいことね。

春:そうですねえ。まあ、確かに何でうちの学生達がちゃんと来ているのかはよく分かりませんが、とりあえず学生が来なくなってしまう研究室の傾向は明白ですね。やはり、指導教員や助教、先輩からのプレッシャーが大きいみたいですよ。ただでさえ最近の学生は忙しいのに、実験しろ、論文書け、ぶりがに取って来い、と毎日のように言われたら、だんだん来なくなるでしょう。

渓:ワタシだったら、「ぶりがに取ってこい」と言われた時点で即刻来なくなると思うけどね。ハナマキ、学生側からするとどう? どういうときに大学に来たくなくなる?

葉:体温が四十二度に達した時

渓:それはワタシも来て欲しくないわね。そうじゃなくて、こう、精神的な理由で来たくない時って、どんな時?

葉:人間関係に起因する疲労時です。

渓:へえ、あなたでも人間関係で悩むことがあるのね。よし、ワタシでよければ相談に乗るわよ。

春:先生に人間関係の相談をするのは、殺人鬼に町内の見回りを頼むようなものだと思うんですけど。

渓:それはあなたでしょ。こう見えてもワタシは大学院生の頃はよく後輩から相談されたのよ。渓中さんはKGBみたいに何でも知ってますね、って褒められたこともあったっけ。

春:それは絶対褒めてないですね。実は私もよく相談されていましたし、今も結構学生から相談されるんですよ。人間関係のことを。相手にどうやって思いを伝えたらいいですか、とか。ハナマキからも相談を受けたわよね?

渓:ふむん、意外ね。恋の相談をあなたにするとはね。ハナマキ、こんなの相談して役に立つわけ?

春:いえ、恋の相談じゃないですよ。相手にどうやってこの恨みを伝えたらいいですか、という相談です。で、藁人形の作り方とか五寸釘の打ち方を教えてあげるんですが

葉:効果抜群


そうでしょうねえ。

まあいろいろと書きましたが、現実にはなかなか現状を踏まえて指導するのが難しいというのも事実。どうしても教員(教員でなくともそうだとは思いますが)は自分が育ってきた時代の常識を前提として学生に接してしまうものです。しかし、現在は本当にこれまでになく大学やその周辺の研究環境が変わってきているので、「昔はこうだった」では通用しないということも肝に銘じる必要があると思います。

週1更新のため、ランキングはやや低調か。とりあえず、最低限週1回、できれば週2,3回を目指して更新していこうと思っています。お時間のあるときにでもクリック投票を→

コメント
・・・ええと。恨みってもう別れたんでしょうかハナマキ。早まるなと言いたいですが、環境が厳しすぎか。合掌。
  • js
  • 2008/06/08 1:56 AM
>が、環境が厳しすぎか。合掌。

環境と言うより、本人が厳しい気がしますが。ちなみに、まだ別れてはいないようです。
  • タニナカキミ
  • 2008/06/13 10:19 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ終了のお知らせ
    渓中貴美 (10/16)
  • ブログ終了のお知らせ
    ぽぽち (10/02)
  • 今思うこと
    ポリ (04/19)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (07/01)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    アマサイ (06/25)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    美醜の基準 (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/22)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/22)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM