ブログ終了のお知らせ

  • 2013.08.16 Friday
  • 14:32
  まあ、いまさらですが、いろいろと限界なので、このブログはこれでおしまいということにします。結局年間更新もできませんでしたね。

 代わりと言っては何ですが、ワタシと多少関係ある人間がブログを始めましたので、どうぞそちらを読んでやって下さい。

http://burigani.secret.jp/botanic/

今思うこと

  • 2011.04.03 Sunday
  • 23:44

 大変な災害が起き、未だいろいろなところが混乱している。そんな状況の中、こういうブログというのは存在が非常に微妙である。まあ、そもそもほとんど更新できていなかったので、存在どころか、ほとんどみんなの記憶にもないと思うが。


 1つだけ言っておきたいこと。それはこういう状況の中、私達のような基礎科学の研究者はどうすべきか、ということだ。私の研究は普段もそうだが、はっきり言ってこういう状況に対しては何の役にも立たない。災害時の人命救助に対しても、地震を予知することに対しても、津波災害を防ぐに対しても、原発を止めることに対しても、私の研究は何の役にも立たない。全く無力である。


 同じような無力感を持っている基礎科学の研究者は少なくないのではないか、と私は思っている。徐々に日常が回復し、幸いにも自分の研究を再開できるようになっている人も、頭の片隅、いや大きな部分で「今、世の中が大変な中、こんな役に立たないことをやっていてよいのだろうか」という考えがぬぐいきれないのではないだろうか。


 では、それならば研究をやめた方がよいのだろうか。不要不急のものは控える雰囲気の中(電力も使うことだし)、私達は何もしない方がいいのだろうか。そんなことはない、と思う。今、研究の手を止めたからと言って、例えば既に買ってしまったチップやチューブのような実験消耗品が石油に戻る訳ではないし、試薬を作るのに使った電力が戻るわけでもない。研究の手を止めれば、多くの部分は税金で賄われているそうした消耗品、試薬が無駄になるだけである。


 そもそも私達のやっていることは、確かに何の役にも立たないが、無駄なことではない。日本という国が、いや人類が自らの文明を向上させ、この世界のことをより深く、正確に理解するための追求の一翼を担っているのだ。自分の生きているこの世界のことをもっと知りたい。そういう人類の根源的な希望の一部を私達研究者は日本という社会から委託されている、と少なくとも私は信じている。だから、手を、頭を、動かせる状況なのであれば、研究を止めるべきではない。


 こういう時でもいつも通りの研究をすることが被災地の人々の希望にもつながるのだ、というようなきれい事を言うつもりは毛頭ない。最初にも述べたとおり、私達の研究は今、まさに起きているこの災害に対して何の役にも立たない。それは認識しなくてはならない。私達がいくら研究を進めたところで、今、人の命を救うことには、つながらない。だから、声高にこんな時だからこそ普段と変わらず研究しています、などと言う必要はない。ただ淡々と、もちろん電力など様々なことの妨げにならない範囲で、自分の信じる研究を続ければ良い。


 今回の災害の傷が癒え、平穏な日常が戻った時に「相変わらず役にも立たないことをやっているな」と笑って認めてもらえる、そんな研究をしていきたいと思う。

「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う

  • 2010.06.20 Sunday
  • 23:51
JUGEMテーマ:学問・学校
 大半の人が自然消滅したと思っているに違いないこのブログだが、実はまだ続いていたりする。数えてみたら10ヶ月ぶりの更新である。以前は月刊ブログだの、季刊ブログだのと書いていたが、もはや年刊と言っても過言ではない。次はワールドカップ刊、干支刊、ハレー彗星刊と、進まないように注意したいと思う。


 さて、そんな久しぶりとは何の関係もなく、今日は一時流行った「美人すぎる○○」について書きたいと思う。最初はどうやら「美人すぎる市議」、というのから始まったようだが、今や「美人すぎる社長」だの「美人すぎる海女」だの「美人すぎる北方謙三」だの、何にでも「美人すぎる」をつけてしまっている感がある。


 そんななか未だに「美人すぎる研究者」というのは聞いたことがない。少なくとも日本では。なぜ、美人すぎる研究者がいないのか。可能性は3つある。

1.美人は研究などしないから

2.本当はいるのだが、ワタシの美醜の感覚がおかしい。

3.田嶋陽子の暗躍
                              


 さりげなく全国21万3千人の女性研究者(もちろん適当)に喧嘩を売った気もするが、ともかく、真面目な話、研究者にはいわゆる「美人」は少ないと思う。というのも、もちろん顔の造作はきれいな人もいるのだが、いかんせん化粧や服装が今ひとつである。まあ、ワタシの1日を例にとってみても、気合いを入れて化粧したり、服装を決めてきたとしても、見てくれるのは学生以外には植物だけだったりする日ばかりなので、今ひとつ気持ちが乗らないのは分かる。

 

しかし、ある程度「美人」がいることが、その業界を活性化させることは事実だと思う。いろんな意味で。そういうわけでぜひ「美人」が研究の世界にも増えて欲しいなあ、と思う今日この頃である。

大学院生の美久・ルトゥヒシャウザー(以下、美):登場2回目にして大学院生に昇格しました!

ワタシ(以下、渓):…。一応、これでも更新がなかなかできないことを気に病んでるんだから、古傷をえぐるような真似はやめてくれる?


美:キニ・ヤンデルンって誰ですか? どこか、アフリカの大統領?


渓:…いや、もういい。あなたに対して難しい日本語を使いすぎたわ。


美:しかし、美人すぎる研究者がいないって言いますけど、タニナカ先生は学生の間では美人すぎるって評判ですよ。この間も、先生の授業を取っているサークルの後輩のエトー君があの性格なのに美人すぎるってすごく言ってましたよぉ。良かったですね、先生。


渓:…それはどうもありがとう。エトー君には、ぜひ単位と夜道には気をつけるように言っておいてね。しかし、あなたももう少し知性を身につければ、まあ、それなりに美人で通るのにねえ。


美:お言葉ですけど、先生。私、今、すごく勉強してますから。最近、「バラ」って漢字で書けるようになりましたよ。ほら。


渓:先に学ぶべきことが他にある気がするけど…おまけに、この「嗇黴」、2文字目が「黴(カビ)」になってるわよ


美:あは、カビだけに細かい指摘ですね、先生。


渓:…いや、全然うまくないから。それにしても、本当に見かけ倒しよねえ。黙ってると、相当できそうに見えるのに。


美:いやあ、見かけ倒しだなんて…そんなに褒められると嬉しいです。


渓:どこをどう考えても褒められてないと思うけど?


美:だって、それって見かけはいいってことじゃないですか。


渓:…まあ、何事も前向きに考えるのはいいと思うけどね。


美:しかし、さっきから先生、美人、美人って言いますけど、私、美人って結局は目鼻の配置だと思うんです。個々のパーツは、まあ、どの人もそれなりですよね? あんまり鼻だけとって、この人きれいだなあってないじゃないですか。パーツの並び方次第で貂蝉黄夫人か決まると思うんです。


渓:本当に三国志に関してはムダに知識を持ってるわね。


美:ということはですよ、相手が美人かどうかを判断するのってパーツの位置を認識する能力、つまり空間把握能力にかかっているってことだと思うんです。だから、その能力をおかしくしてやれば、大抵の人は美人に見えると思うんですよ。


渓:一理ある…か?


美:結論としては超音波発生装置で三半規管を破壊すれば空間把握能力がなくなって、全員美人すぎる研究者にできると思うんですけど、どうですか?


渓:エトー君で実験してみる? というか、あなたがそういうことばっかり言っているから、相変わらずうちの研究室は「魔窟」って呼ばれて卒研生(特に男)が怖れて全然来ないんでしょ。


美:魔女の巣窟、略して「魔窟」らしいですよ。うまいですよねえ、あはは。


渓:だから、うまくないっ。


美:でも、なんだかんだ言って、先生って学生の間で評判いいですよぉ。美人はもちろんですけど、キジンすぎる先生としても有名です。


渓:…奇人って。それのどこが評判いいのよ。


美:えー、いいじゃないですか。だって、先生って東にビョーキな教授がいれば行って介錯してやり、西に憑かれた学生あれば行ってその因縁を負いと、まさに獅子奮迅の働きじゃないですか。私は憧れてますよぉ。

なるほど、鬼神すぎる、か。


ツイッターに、「もうすぐ更新します。…とか言って1ヶ月後になったりして」みたいなことを書きましたが、その心配が当たらず良かったです。結局2ヶ月かかりましたからね


次の更新は何とか年内に。いや、もうすぐ早くしたいのは山々ですが。とりあえず、お暇なときに投票でも→

マヨネーズもハーフだからあっさりしてて合いますよってそんな訳がない

  • 2009.08.19 Wednesday
  • 00:01

というわけで、メンバーが一新された我が研究室だが、今年入ってきた新人もなぜか変わった人間が多い。ワタシがこんなにまともなのに、なぜ入ってくる学生は変わっているのだろう。そんな中でも特に変わっているのが、卒研生として入ってきた美久(みく)・ルトゥヒシャウザー(長いので縮めてミクルト)である。現在、普通の人はあんまり知らない植物の花の形態をテーマに卒業研究をしている。今日は、お盆もあけたので彼女と今後の進路について話すことになっているのである。

ミクルトは背はでかいものの、目の色以外見た目はわりと日本人なのだが、さすがはハーフ、感覚が違う。昨日もつゆにマヨネーズを入れるという驚愕のざるそばの食べ方を披露してくれた。すばらしいとしか言いようがない。



卒研生の美久・ルトゥヒシャウザー(以下、美):うわぁ、ほめてもらってうれしいです。

ワタシ(以下、渓):…皮肉よ、皮肉。全く褒めてないから。

美:ヒニクって何でしたっけ? 聞き覚えはあるんですど。

渓:…ミクルトって一般入試よね? どうなってるんだ、最近のセンター試験は。

美:あ、思い出しました。ヒニクって劉備玄徳が嘆いたヤツですね。

渓:それは髀肉の嘆。…なんか、知識が異常に偏ってない? 女子大生、普通は知らないと思うわよ、髀肉の嘆。

美:そんなぁ、先生。常識ですよ、髀肉の嘆。三国志は日本の心ですから。

渓:中国の話なんだけど、三国志。…なんか、あなたと話している脳が液状化しそうだわ。

美:くす

渓:…その笑顔、今までの人生で一番だわ

美:うわぁ、うれしいです。

渓:一番殺意を覚える笑顔ってことだけど。

美:サツイって何ですか? そういう三国志の武将、いましたっけ?

渓:あー、えーと、もういいや。とりあえず、話を進めるわよ。あなた、大学院でワタシの研究室に来たいのよね?

美:そうです。来月の試験受けます。

渓:まあ、それはいいんだけど…大学院で何がやりたいの? 卒研の続き?

美:先生みたいになりたいです、わたし。

渓:はい?

美:先生を尊敬してるです、わたし。

渓:…ソンケーの意味、知ってる? 江東の虎じゃないわよ。

美:それ、孫堅(そんけん)ですよね。先生も三国志詳しいじゃないですか

渓:ふむん、で、ワタシのどの辺を尊敬しているわけ?

美:冷酷なところ

渓:…。

美:あ、いい意味ですよ。いい意味で冷酷なところを尊敬しています。

渓:冷酷にいい意味などないっ

美:あとは、そういう風にいつも元気なところを尊敬しています。どうしてそんなに元気なんですかぁ?

渓:夜な夜な生き血をすすってるから、学生の。

美:なるほど。ヨナヨナイキチですね。メモしなくちゃ。


するな。

ミクルトはとにかくあらゆる口撃を受け流します。そして、冗談が冗談として通用せず、会話がストップします。別名幕張の防波堤。あれ、前にどこかにいたような。

 Twitterはまだよく使い方(というか何を書いて良いのか)よく分かっていません。ということで、適当に書き殴っています。閑な人はどうぞ。ランキングもお時間があればよろしく。ちょっと上がってきましたが、まあ、ぼちぼち復帰していこうと思っています→


騒々しい掃除

  • 2009.08.14 Friday
  • 00:34

いつの間にか前回の更新から半年。年刊ブログとなる日も近づいている今日この頃であるが、一応まだ終わりではない、はずである。

 研究室としては2つ大きなイベントがあった。1つはハナマキの就職がなんと無事に決まってしまったことである。おそらく決まった会社にとっては無事ではないと思うが。2つめはついにあの八月春がいなくなったことである。と言っても残念ながら誰かに毒殺されたわけではなく、産休と育休で1年間の休みに入ったのである。女の子らしいが、八月春2世にはぜひ真っ当な人生を送って欲しいと思う。

そんな訳で、一気に2人の宿敵、もといメンバーがいなくなったため、研究室の状況も大分変わった。次回からは必然、新メンバーとの対話になるかと思うが、今回の話はなぜか相変わらずハナマキと八月春との対話である。というのも、この2人が全く片付けをしないで研究室を離れてしまい、しかも8月まで2人ともほとんどヒマがなかったので、ようやくこのお盆の時期になって研究室の片付けと大掃除をすることになったのである。



ワタシ(以下、渓):というわけで、がんがん片付けるわよ。まずいらない物を捨てるところから始めるか。

育休中の助教の八月春(以下、春):そう言いながら、私を凝視しているように感じるのは気のせいでしょうか。

渓:気のせいに決まってるでしょう。凝視なんかするわけないじゃない。石になるでしょ

春:私はゴーゴンですか。

大学院生改め社会人の葉名真樹子(以下、葉):今、奥の箪笥の整理作業中でしたが、秀逸な冗句が想起されました。タンスにゴーゴン

渓:…それこそ聞くと石になりそうなギャグね。大体、何で研究室にタンスがあるわけ? あー、もう、あなたと八月春が主に使っていた共通の机の上も汚いわね。物だらけじゃない。何とかならないかしら。片付けるにしても、この山積みになっているものをどこかに移動しきゃいけないし。

葉:妙案有り。全焼却

渓:日本に消防法がなければその手段も使えるわね。却下。

春:大体、3人でこの魔窟みたいな研究室を片付けようっていうのが間違っているんですよ、先生。

何でか駆り出されている他の大学の助教の堀幸二郎(以下、堀):…あのぅ、一応僕もいるんですけど。

渓:あれ、何でいるの?

堀:先生から「Dead or Come」というメールをもらったからです…。お盆で妻の実家に帰らないといけないのに…。

春:やだなあ、堀君。あなたのことは数えているわよ。それでも3人。だって、人でなしが1人いるでしょう?

渓:確かに1人いるわねえ。

春:ははは。

渓:あははは。

堀:…帰りたい。本当に帰りたい。

葉:逃亡したら生命の保証不可能

渓:全くもう、戯れ言はその辺にしてちゃっちゃっと片付けるわよ。私だって、こんな時期に大掃除なんてしたくないんだから。とりあえず、机の上にあるものは全部段ボールに詰めちゃうっていうのはどうかしら?

春:この緑色になった萩の月もですか? これ、私が去年買ってきたお土産ですね。物が地層になってますね

渓:他人事みたいに言うなっ。ほとんどあなた達の物でしょ。

葉:「Taninaka」と刻印されたピピンアットマークが地層の最下層に存在しますが?

渓:…さあ? どこぞのタニナカさんじゃないかしら。

春:こんなジョブスが存在を知ったら社史からすぐに抹殺しそうなアップルの世紀の失敗作を買うのは、アップルマニアの先生くらいですよ。

渓:うるさいわねえ。若さ故の過ちってやつよ。助手になったときの初ボーナスで買っちゃったのよねえ。まあ、どう考えてもいらないわよね。

堀:で、では、捨てますか?

渓:ダメ。勿体ないから。5万円もしたのよ、これ。何とか有効利用する方法を考えてよ。

葉:鈍器

春:じゃあ、早速



あ、堀君が。

というわけで、片付けも無事に済みました。血痕を拭き取るのがちょっと大変でしたが。次回からは、新しいメンバーとの日常を書きたいと思います。まあ、育休中とはいえ、八月春は時々来るんですが。

 Twitterを始めてみました。今ひとつどう使うのかよく分かりませんが。とりあえず、誰かをフォローしようかなぁと思っています。あ、あとランキングもお時間があればよろしく。まあ、遙か彼方圏外ですが、ぼちぼち復帰していこうと思っています→


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ終了のお知らせ
    渓中貴美 (10/16)
  • ブログ終了のお知らせ
    ぽぽち (10/02)
  • 今思うこと
    ポリ (04/19)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (07/01)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    アマサイ (06/25)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    美醜の基準 (06/23)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    タニナカキミ (06/22)
  • 「美人すぎる」の「すぎる」って絶対に職業に対する偏見が入っていると思う
    ポリ (06/22)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM